アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終了作品で感想を書いていなかったものなど、簡単なまとめ。

・かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
期待した1本だったが、散漫として空振り。
シリーズ構成と殆どの脚本を担当した花田十輝の力量不足、もしくは自己満足に終わった感が強い。
最終回の「はずむ君、あのね・・・」が、あざとく感じられてしまう。
DVDに未放映の13話が収録されるが、オトシマエをどのようにつけるのだろうか。
岩佐とも子のキャラクターデザイン、音楽、キャスティングなど、良い素材を生かし切れない大変もったいない作品。
ジャン・プゥが可愛かった事だけは記録に残す。

・ローゼンメイデン トロイメント
これも花田十輝シリーズ構成。
一期も二期もマトモな落ちが無いけど、三期やるつもりだろうか。
原案は良いんだけどね。
女性化した男(かしまし~ガール・ミーツ・ガール~)や戦うドール達など、リビドー溢れる素材は花田十輝には手に余るようだ。

・パピヨンローゼ New Season
こっちは突き抜けてしまって、ネタと思われそうな作品。
キャラデザと 4-EVER の音楽は良いのだが・・・
キャストもアイムの全面協力だが、如何せん企画が甘いので実力発揮できていない。

・あまえないでよっ!!喝!!
これも二期目の作品。
一希役の真田アサミがうざったいくらい良かったので、佳作としておこう。
最終話は一期の第1話にループしたような気がするけど、お供えに置いたみかんが青かったことが違うような。
その心は、みかん=未完ってのはわかるが、青い=熟れてない=売れてない、だろうか?
思ったほどDVDが売れてないから三期に賭けるのか?
三期やるにしても、一希まで仲良しハーレムに加えないように希望しておく。

・舞-乙HiME
一期の終盤がひどい事になっていたのだが、サンライズも「萌えアニメ」のツボをつかんだのか今期は多少マトモ。
でも「だから何?」って作品。
キャストも豪華だし制作費かけているのはわかるが、イマイチ工夫が足りない。

・びんちょうタン
スポンサーさえつけば長続きしそうな作品だと思う。
いまのDVDで収益上げようとするビジネスモデルだと、企画段階で弾き出されてしまう。
佳作。

・Rec
ラムズがプッシュする新人声優の酒井香奈子が心配だったのだが、杞憂だった。
出番が少ないとはいえ「マジカノ」でもまあまあの演技だった。
決して上手くないけど、段々良くなるかな。
原作付きの作品で二期は微妙だが、成長した恩田赤と酒井香奈子を見てみたい気もする。

・半分の月がのぼる空
・しにがみのバラッド
いずれもライトノベル原作の作品。
前者は病院・病気モノで少々苦手なシナリオ。
後者は泣き虫な死神に心温まる小品。

しにがみのバラッド。 第1巻 初回限定版
しにがみのバラッド。 第1巻 初回限定版
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。