アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう説明とか感想のを書くまでも無い、第1話「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」
見たまま感じたままで判断するしかない。ちなみに原作の内容は知らない。

いきなりの偽オープニング曲「恋のミクル伝説」で脳細胞がやられる。
ミクル役の後藤邑子、上手いです。下手に唄う演技が上手い。
唄い出しの遅れ、テンポのずれ、音程のはずれ、どれも下手に聞こえる。
ホントは、もっときちんと歌う人ですから、この下手さには最大級の賛辞を贈ります。
この曲、詞・曲・編曲のクレジットは涼宮ハルヒになってますが、かなりマトモな曲なんですよね。
アニソンの王道というか、ストレートです。キャラソン発売を待ってます。
Elements Gardenの藤田淳平作曲じゃないかとの説も。

さて第1話は劇中劇。
いかにも素人の自主制作映画風の造りで、素人風に画面構成するのもプロの仕事。
放送事故かと思われかねない画面比率だったので、HDワイド放送のTVSでは「演出うんぬん」のテロップが流れましたが、tvkではテロップ出ませんでした。

キョンの劇中ナレーションは、途方にくれた視聴者の気持ちとシンクロしたモノローグにもなっている。
劇中劇の企画・脚本・演出・監督(超監督!)は涼宮ハルヒ。

今回は朝比奈ミクルプロモーション?で後藤邑子の演技は堪能できたが、その他に平野綾も年齢に似合わず上手いと思う。ハルヒ役にも違和感が無い。
Canvas2 では合唱部員役で歌唱力を披露していたが、この作品ではどうだろうか。
茅原実里と杉田智和の演技の感想はもう少し先で。

涼宮ハルヒの世界への道案内を兼ねた第1話だが、いきなりの超展開または壮大なネタとして笑って許せた人はともかく、相当の人数は振り落とされた感じ。
公式サイトもネタっぽいつくりで、SOS団の活動とともに充実するのだろう。

ネットラジオはこちら
http://lantis-net.com/haruhi/

涼宮ハルヒの憂鬱角川スニーカー文庫
DVD発売が確定のようです。

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版

CD「恋のミクル伝説」マダー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。