アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「コナン」と言えば?
「名探偵」とくれば30代以下かな?
ここで「未来少年」と答えると年代がバレる。
「ザ・グレート」と頭に浮かんだ方はお帰り下さい(笑)

その後者の「未来少年コナン」劇場版BS日テレで放送されていたので、何とはなしに録画する。
LDも押入れの中にあるはずだが、反射面が酸化してダメになってるかもしれない.....
このオリジナルはNHKで週1回全26話のテレビアニメだが、劇場版はオリジナルを90分ほどに再編集。別物だね。
今でこそテレビ版は地上波民放やスカパーで何度か再放送されたが、その昔はグダグダの出来の劇場版でもマニアは有り難がって見ていたと記憶している。

そしてNHK BS2 「アニメ夜話」で「未来少年コナン」編を放送(6/27)
ゲストは大塚康生、松村邦洋、江川達也
作画監督の大塚康生は、彼が少年の頃から描きとめてきたメカもののスケッチの精密さには目を見張った。
また漫画家の江川達也は、大塚康生が描いたラナは「アゴの線が丸い牧歌的な女の子」、宮崎駿が描いたラナは「アゴがシャープな強い意志をもつ少女」とのマニアックな指摘。
宮崎のラナはその後も「ナウシカ」「シータ」と姿を変えながら、スクリーンに登場する。

後に世に出る「風の谷のナウシカ」も「ルパン三世カリオストロの城」も「天空の城ラピュタ」もこの「未来少年コナン」の正常進化系といえよう。
世界を変える可能性を持つ少女(決して特殊な能力を意図しているのではなく、誰でもがその力を持ちうる事をラナやナウシカに託して宮崎駿は少年少女に語っている)、塔や飛行機に象徴される高さの演出、悪人になりきれない悪人と芯からの悪人の配役など共通項は多い。

実は最新作の「ハウルの動く城」は全く食指が動かなくて見ていない。
商業化のためとは言い、最近は声に有名芸能人を当てる事が多いのはちょっとね。
きちんと声優さんを使って欲しいところです。島本須美やよこざわけいこは良かったと思うよ。

オマケネタと言っては失礼だが、前者のコナンの声優高山みなみさんは作者の青山剛昌氏と結婚しましたが、みなみさん40過ぎてたのね。
アイドル路線などで売り出して(ドル売りと言うらしい)寿命を縮めない限り、長くできるお仕事ですから、声優の皆さん頑張ってください(^o^)丿
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。