アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OPもすっ飛ばして、みちるが春生を魔界に連れ去ってから引き続きの最終回。

春生の救出に魔界へ向かおうとする一同だが、ここで魔力3倍猫パンツが再登場(w
「背中に当たる感触がツルツルになったな、剃ったのか?」
「みちるのせいで焦げたの」

魔界の扉が開くときのSEも「危ないですから白線の内側に・・・」
さすがにツボは外していない。

魔界では春生から魔力を吸い取る、みちると春生のプレイ。
みちるのパワーにお父様も撃退。
ヒロイン一同も氷結され、鏡に封印された魔王のパワーが覚醒し、止められない。

今まで意味ありだった、本郷先生の任務がここで明かされる。
1年ごとに時間逆行の無限ループで魔王の力を実質無効化する、その役目が人造人間の彼女の役目だと。
時間ループオチとは思っていなかったが、関わる者たちの思いが微妙に影響して無限ループって訳でもなさそうなので、救いと第二期への望みはありそう。

本郷先生の時間逆行魔法も効かず、皆で魔方陣を張り(真鈴はどうだったっけ?魔女じゃないんだが)あゆみが魔王の核に向かう。
猫パンツも全力でバリアを張るが、魔力を全て使い果たし脱げ落ちてゆく。
脱げたパンツに感涙させられたのは初めてだ(笑)

あゆみが春生を取り戻し、時間逆行に成功。
EDは全13話の逆回し。
最後に第1話のオープニングが出たが、記憶と少し違う。二期への伏線か?
それとも今期13話は単なるプロローグで、第二期こそが真の本編だとか?

エンディングテロップは完でも終でもなく「おしまい?」
第二期に意欲満々のようなので、期待しておきましょう。

原作の良さと、それを上手く生かした脚本・構成・音響と演出、実力を発揮した声優の演技など、予算の多寡ではなく一体感とバランスで今クールの一番でした。
特に声優陣は今作でブレイクスルーがあったんじゃないでしょうか。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。