アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ大詰めの12話。
場面は新年の吉川家、家長代理の春生がお年玉を姉妹に配っている。
なぜかあゆみにもお年玉がある。リカに無いのはなぜか。

今回もSEは秀逸、台所のリカの後ろ姿に包丁を研ぐSE。
舞夏はおせち作りで鼻高々でピノキオ風だ。
一瞬クリーチャー化しそうだったが・・・・
今回は各キャラが色んな表情を見せてくれた。

この作品での収穫は野川さくらの演技を見直したこと、並木のり子の存在を知ったこと。
他作品で薄黒いキャラが続いていて「野川さくらって何だかなー」と思っていたのは、きちんとキャラにあわせた演技が出来ていたということだろう。

ゆり様の妄想も激しくなってきて、ちょい危険。
あゆみも負けず、「春生を男として目覚めさせる」妄想で、無理やり春生のパンツ脱がすってのは、そういうことですか(笑)
さりげなく良い演出だと思ったのは、春生からのクリスマスプレゼントをヒロイン達が身につけていること。

さて、春生の魔性(魔王らしい)が目覚めかけたようだが、例の先生の立場が良くわからん。思わせぶりな態度で、ただの傍観者だったらどうしてくれようか・・・
みちるの企みで「ミラクルハウス」という見世物小屋に誘い込まれた一同。
春生は魔界に拉致され、ヒロインたちはゴーレムとの戦闘状態になるが、ここだけは正統的変身魔法少女モノに見える。動きもなかなか良い。
なのは風の戦闘場面にも見えたが、きっと思い過ごしだろう。

苦戦の結末はリカの強力な魔法で救われたヒロイン達だが、結末は最終回へ。
次回、最終回「最終回ってマジですか?」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。