アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイガーソフト「むすんで、ひらいて」を終えた。
体験版の感想でも触れたが、ねこねこソフトと原画陣・音楽・キャストが結構かぶっている。
プロデューサーは明らかに適当につけた感あり「東 京太郎」
音楽は良いね。藤間さんも相変わらずだし、EbiさんとヴォーカルのKIRIKOさんはEDにマッチしてる。
シロエンドでのヴォーカルは沁みる。

全寮制の学校にある御社様の宿る石を割ってしまった主人公のところに、その御社様が少女の姿で出現した。その「シロ」を中心に攻略対象キャラは同級生のまつり、芳乃、下級生の由奈の4名。
メインヒロインはシロで、由奈をクリアしないとルートが発生しない。

率直に言ってしまえば、シロ以外のシナリオは凡庸。
そのシロのシナリオだってありがちなストーリーだが、エピローグはちょっぴり泣けました。
でも、若い日の思い出をもったオジサン向けかな。
青年には合わないかもね。

ねこねこソフトの作品もそうだけど、このようなシナリオで固定ファンをつかむのには時間がかかりそうです。超展開や魔法もグロもないし、エロだってないのも同然。

ねこねこソフト二軍といった出来でした。
次は一本道でも良いから、シロのようなシナリオをもっと伏線をきっちり張って、時間軸も長めに取った骨のある作品だとついていけるかも。
エロは薄くても良いですよ。オマケでも。
TVアニメで1クールやるのに耐えるだけのシナリオだったら、次作買っても良いなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。