アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうやら作品の中はクリスマスイブ前日。
春生の部屋の2005年のカレンダー、この世界では12/23は祝日ではない。

クリスマスらしくベタでギャグ少な目、ちょっといいお話し風の展開。
しかしクリスマスを祝う魔女たちってのも可愛いが、シュールだ。

イブを前に、春生はパーティー費用とプレゼント代を稼ぐためにバイトに明け暮れている。
イブを二人で過ごそうと妄想するゆり(お約束の裸リボンのプレゼント)、真鈴、舞夏が春生を誘うが空振り。
なぜか余裕のあゆみだが、春生には無視される。
ケーキ屋でバイトする春生と仲良さそうな女店員。

全体の構成は凝っていないけど、あゆみの期待と誤解を組み合わせて、細かな演出がされている。
期待:私のプレゼントのためにバイトを秘密にしている
誤解:女店員とプレゼントを選びに行く春生(女店員のために、と誤解)

春生からクリスマスパーティーの案内を託されたリカだが、あゆみには渡せなかった。
しかし、これもリカの作戦か?
あゆみ以外はパーティーにそろい、プレゼントも渡されたが、あゆみの分だけ無い。

失意のまま雪の街を彷徨うあゆみだが、レストランから出てきたカップルの一方が例の女店員。
このお姉さん、いい声してるじゃないですか。
エンドロールで気がつくヘタレですが、CVはレイン姫、後藤邑子さんじゃありませんか。
しかも相手の男性のCVは波多野渉さんとは、ふしぎ星☆のふたご姫でのレイン姫のお父様。
ジャイアン、猫パンツといい、今回のゲストもニヤリとさせるキャスティング。
今回の作画はつらそうな回ですが、春生の腹ボテSEといい、相変わらず音響監督は楽しんでやってる感じです。

期待:そのお姉さん(役名は蘭?これは百合々々副会長のお姉さんか?)は、春生に頼まれてプレゼント選びを手伝っただけとわかり、家に急行。
誤解:しかし自分の分だけプレゼントが無い!

いつもなら魔法発動か黒化するあゆみだが、家を飛び出し飛び立つ箒に春生が掴まり説明。
あゆみには別のプレゼントを用意していたのだが、何故なんだろう?
急に目覚めたわけでもなさそうだが。
やはり、リカはわざとあゆみに案内状を渡さなかったな。
障害を乗り越えないて近づく関係って強いから。

あゆみもようやくヒロイン扱いをされてきたように見えるが、この作品のスタッフたちのことだから油断するのも禁物。
春生が墜落するときの魔方陣は誰の力なのか良くわからなかった。
もう一回見直してみます。普段は通勤途中にPDAで見ているので。

喋り捲るあゆみやクリーチャー化の舞夏がいないと寂しく感じてしまう、とんでもない毒電波アニメかもしれません。
前回の騒々しさから比べると地味な回ですが、いいお話しでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。