アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週3/1、新幹線E954形電車(愛称はFASTECH 360 S)の走行試験が報道陣に公開された。
東北新幹線の青森開業時に、最高速度360km/hの営業運転を目指した試験走行。
最高速度やトンネル突入時の風圧に対する空力デザインの検討や離線しにくい、低騒音のパンタグラフの形状の選定、走行安定性の確認が中心のようだが、減速のための制動性能も重要となる。

遂に鉄道車両にもドラッグレーサーやスペースシャトルのように、空気抵抗を利用したブレーキが搭載されたことは注目に値する。
現在の鉄道のブレーキは摩擦制動が中心で、電車では電力回生制動も一部併用されている。
鉄道で従来からある「空気制動(エアブレーキ)」と呼ばれるものは、圧縮空気の力で摩擦制動を起こすもので、今回の方式とは異なる。
今回は高速走行域で抵抗となる「空気の壁」に摩擦物体を直接擦り付ける方式だ。

この空力ブレーキは非常制動用との事だが、車体上方の左右に「ネコミミ」が生えてくる。
先頭車の運転席後方に耳が付いている。
普段は格納されて、使用時に耳が生えてくる格好だ。
なんだか可愛い・・・萌え・・・

従来のネコミミアニメに萌えたことは無いし、ネコミミ属性は無いと思っていたのだが、ネコミミ新幹線で発露することになるとは・・・

ついでにJR東日本の方、最後尾車両にはネコしっぽ装備してください(笑)
機能面では無意味だけど、というか危険だけど。
営業車増備の際には、半車ビュッフェにはネコミミメイドさん喫茶、残りの半車をグリーン個室にしてネコミミメイドさんのフットマッサージサービス付きで編成に組み込んでくださいな。
営業収入の増加が見込めると思いますけど、でもメイドブームも過ぎてるかも。

この新幹線からインスパイアされた、擬人化ネコミミ新幹線フィギュアも発売されている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。