アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巧みな構成で今までの伏線や、先の暗示をこの1話に凝縮してきた。
今までのエピソードが全てここに向かって流れてきているし、この話数を起点として最後がどのような展開になっても破綻の無い伏線整理がされている。
その中で少々刹那を悪役キャラに振った恨みはあるものの、全体の構成の中では彼女の動きがジョーカー的で混乱を伴ないながらもメリハリをつけている。
何せ今回のエンディングのケータイ画面は、ずっと刹那のターン。
やはり狭い空間での人間ドラマを書かせると上江洲誠は上手いし、特にゲーム原作もののシリーズ構成はツボを外さない。

恋愛関係、というか肉体関係が乱れてきているので整理しておく。
【世界】誠 ONLY 複数回、後夜祭のダンスで公認
【言葉】泰介に行きずり無理やり犯される、泰介は恋と勘違い
【刹那】言葉の面前で誠に強制キス、旅立ち前夜に誠に体を預ける
【乙女】誠と2日連続、体だけの付き合いで割り切れるのか?
短期間で誠は言葉を除く3人と関係。
刹那は愛憎の泥沼に巻き込まれず、悪く言い換えると、表面上は世界を応援する素振りで自分の思いを忠実に実行し、全てを想い出にすり替えて旅立っていった。
居なくなる者は良いが、残された者たちは…

これ見てると、まだ火種が隠れてる。
誠は相変わらず「何をするにしてもいろいろと面倒」とか呟いて、行為後の乙女に「伊藤ってだらしないよね」と言われている。
乙女にしても体だけ、心が伴なわなくて満足できるのか。
サブタイは、きっとそう言うことだね。いずれにせよ心ちゃんに被害が及ばなくて良かった。
教室で誠にキスしてたことを世界にバラそうとした言葉に、再び誠に強制キスをする刹那。誠に正式に?振られた言葉は壊れて行く。
たしか原作では刹那の妊娠帰国エンドがあったと思うけど、アニメでもこのエンディングはマークしておいた方が良いかもしれない。

【今週の言葉様】
・泰介に奪われ、校庭で踊る誠と世界を見つめる
・翌朝は普通に登校、電車で顔合わせた誠に何かまだ期待を残している
・泰介から勘違いのデートの誘い断り「何とも思っていませんから、気にしないで下さい」と言い放つ
・乙女一派から嫌がらせにも「誠君の彼女は私なんです!」
・ゴミ捨て場で刹那から誠への強制キス見せ付けられ、誠から振られてショックで座り込む
・夜中の台所、流しっぱなしの水、包丁
・歩道橋で世界と向き合う、言葉様の壊れた瞳の色

例の女バスの休憩室盗撮は、先輩が知っているだけで乙女は知らなかったんだ。乙女も知っていたものと勘違いしていた。
さてその打ち上げと称する「特別上映会」に、七海から誘われて世界も来ている。後から来た乙女の気まずそうな表情。
まずメイド服の七海が先輩に告白したあとの休憩室の映像に七海動転。
そして乙女と誠の行為が上映。
少しの間シナリオの本線から外れていた世界だが、この映像を見て誠の家に駆け出す。
世界の矛先は誠を誘った、近くにいる乙女ではなく、誠に向かう。
すれ違う電車の旅立つ刹那には気付かない世界。結局、刹那は世界に告げないまま旅に出たのか。

歩道橋で誠の家から戻る言葉と遭遇した世界。
言葉の「清浦さん知りませんか?今日は一緒のはず、家に居ないって事は二人でどこかに…」
プチンと何かが切れたようなSEでエンド。
言葉様の矛先は、まずどこに向かうのか。

次回サブタイ「みんなの誠」って明るくて気味が悪い。
まさか泰介に振られた形の光が誠としてしまうとか…
ハーレムと言うか皆殺しフラグと言うか、主要キャラで誠としてないのは言葉様だけになると大変なエンドになりそう。
言葉様の全員虐殺エンドとか、帰国した刹那と言葉様のラスボス対決の予感も。
終盤にかけての元永・上江洲コンビの仕事に期待しよう。

スタジオファンタジアのグロス制作回。自社企画のAIKa R-16:VIRGIN MISSIONよりは絵が良い気がする。ファンタジアと言えば例のカオスプロジェクトは、確かここから分離していった気がする。
スポンサーサイト
ただのユキちゃん人形になってしまったヒーロー石蕗をヒロインすももが救うお話だが、ノナ=アスパラさんのツンデレ的協力の結果の予定調和な大団円。
しかしカリン母さんの手助けシーンを入れたのは不要ではないかな?すももとノナに協力関係が生まれたシーンを薄めてしまった感じがある。
それに二人でレードルを押さえ続けるシーンは、ウェディングケーキ入刀みたい。もう少しノナを動かしてくれると面白いのだが、単調なコンテと演出。

復活した石蕗だが、エンドでの「今は5月?」「11月だよ」
石蕗の記憶と時間を、ユキちゃんの正体がバレる前に戻す事で助けたと言うことだが、少し戻し過ぎたかな。
すももと少しづつ築いた日々の記憶も失くしたって事でしょうね。
でも石蕗以外の主要メンバーは石蕗=ユキちゃんと認識したままだから、この自己矛盾を抱えたままで友情関係が続くのだろうか?
他のメンバーの記憶と時間を5月に巻き戻す魔法が必要になるのでは?
タイムマシン・タイムリープをシナリオに使うと構成が難しくなってしまうのだが、この先大丈夫かな。

相変わらず退屈ではあるが、昔の少女マンガ(最近の少女コミック的なHなものではなく)のような構成を割り切って受け入れれば、作品のイメージにマッチしているから悪くもない。
しかしエロゲ原作を換骨奪胎して、徹底的に少女趣味テイストにチェンジした構成は、ある意味では見事でもある。
今回はノーマッドのグロス。
桃花が春彦の許婚として守東家にやってくる重要な回、ではなく思いっきり肩透かしのギャグで落としてくれた。
父親の清春からは「根性なし」と言われてたヘタレ春彦。実は根性なし=エチオピアのコンジョナシさん。いつもコーヒーを送ってくれる良いペンパルらしい。しかしペンパルって久しぶりに聞いた単語。今はペンフレンド?それすら古いか?メル友。
許婚として迎えた娘は、そのコンジョナシさんの娘モ・モカさんで、モ・モカ・コンジョナシ・アベベがフルネームらしい。
でも、この娘は以降の話数に出てこないから、このオチだけのために登場した使い捨てキャラか。

じゃあ桃花はどうだったかと言えば、守東家に来たばかりのようだが「私、どこからここに来たんだろうと」本人には記憶が無いし、鬼梗様の言うことには「この者には歴史が無い」
初登校なのか、真琴のツアーガイドで桃花を校内案内。律儀に桃香もついて行く。
その上津未原の伝説として、過去の時間が入り混じるこの地で、あちら側に行って帰らぬ者多数。
天気雨に狐の嫁入りをかけて、その時空の歪みに引き入れられる桃花を描いている。
転入早々、これも桃花の正体と出自が成せる事件なのだろう。

鬼梗様はそれを知っているようで、狐に憑かれた桃花を助けに鬼の面で単独討ち入り。
桃太郎侍のごとく、華麗な舞い。
この段階では桃香の石剣も真琴の竜王も目覚めてはいない時期だから、二人は待つだけ。
鬼梗様に抱きかかえられ助けられた桃花を生徒たちが羨ましげに見つめるが、これがイジメの発端だったのか?
ただし白川明日菜姫だけは桃香を麗しげに見つめてる。つくづくあさっての方向に進む娘だと思う。

春彦もヘタレている割には許婚への妄想たくましく、桃花が嫁だと思っているから脳内で裸ワイシャツにして視姦している。
公式に言われている、桃花は春彦の許婚ってのは釣りだったらしい。
となると、桃花が守東家にやってきたいわれが語られるのを待つしかあるまい。

絵コンテは柳沢テツヤが切っていた。第2話、10話、16話に続き4回目のオフィスていくおふ制作。
どうも作監修正が効いていない。キャラのアップは何とかだが、引きの絵は崩れてる。
カオスな前回とは打って変わって真面目な、ちょっと良いお話。
でも不謹慎ながら、あの混沌こそ持ち味だった気もして少し惜しい。
絵コンテは川口監督が切っているが、時間があれば演出までして欲しいところだった。
どうも各シーンの「間」がスムーズではない。
今話の制作は坂戸のスタジオアドのグロス。

シナリオ自体は定番の風邪をひいたいんくの看病のお話で、ツンデレなすみのお当番回かと思えるくらいにキャラ立ちしている。
そして幼い頃の回想シーン。風邪をひいたすみに、いんくからのお見舞いはネコのぬいぐるみ。今も寝るときに抱いてる奴ですね。
あからさまなアングルのカットは無く、すみが着替えさせるいんくの「くまさんパンツ」くらいだが、それも微笑ましい感じに描いていて、全体的にもおとなしい。

大人しすぎて物足りなさを感じるのも変だけれど、出来としては悪くない。
AB両パートのアイキャッチが最も素晴らしかったかも。
そして最大の謎、瑠璃子さんは10年くらい前と変わっていないこと。
アドリブなのかもしれないが、スミを叱る「うみゅー、うぐぅ、あひゃー」の三段活用は瑠璃子さんならでは。
澪ちゃんもムダに活躍、ガンダムネタ?
ダンディと警官、麗美と里奈のサブキャラもいつも通りの絡みで登場。

最後はシリアス気味にシナリオを本線に向け、終盤への伏線。
楽屋でありすのマネージャーが謎の魔法少女に倒され、事件発生。
何か用事を思い出し出かけたあーくんと、後をつけるかーくんの描写が動機不足な感じの演出だが、たどり着いた公園になーくん登場。
「ありすを助けてあげて」「時(刻?)が動き出した」魔法王国の危機に魔法少女結集か?

最後のオチは風邪をうつされたすみ。
今回の例文は3つ。
「ゲームをするサラリーマンにとって、レベルマックスと金マックスのコードは必須である」
「食欲がなくても、行くとついおでん缶を買ってしまう」
「DVDソフトの表面についてる初回特典などというシールを捨てられない」

もえたん キャラクターミニアルバム&オリジナルサウンドトラック (Amazon)
もえたん オリジナルドラマCD (Amazon)
見終えて憂鬱だが、書いてみる。
アニエスの復讐編はコルベール死亡であっけなく終わり、お互いの理解も和解もないまま誰も救済されない後味の悪さを持って、物語はいよいよアルビオンの戦場に向かうらしい。
原作から改変した揚げ句がこれでは、紅優監督の「戦闘よりもラブコメ中心で」と言うインタビュー記事も空虚に聞こえ、河原ゆうじにはシリーズ構成は早いのではないかとも思える出来。

アニエスのキャラ立ちのためか、学院襲撃事件よりも前に銃士隊を配置し、コルベールもルイズ様と才人も学院に残るように改変している。
ルイズ様と才人は先に前線に送り出し、襲撃でコルベール行方不明後にアニエスと再会させるほど尺がないのか緻密な構成が苦手なのか、アニエスの復讐劇をシリーズの前面で動かすからこのような不様な締め方をするしかない。
やはりラブコメを描きたいのであればルイズ様と才人を前面に出して、アニエスの物語はサブシナリオで裏に回すべきだった。

シナリオを絵コンテと演出がカバーするかと思えば、全くそんなことはない。
・悠長に紙風船爆弾の内職
・風船で目くらまし仕掛けられるほど敵も間抜け(食堂の外に歩哨を立てないのも変)
・人質の靴と服を脱がし逃走防止しない(エロ目的で言っているのではないですよ)

それでもAパートは詰め込んだから、一気に行ったもののBパートは失速。
コルベールが部隊長だと知った時の反応から、首のアザで背負われた記憶が戻ったところ、メンヌヴィルを倒し瀕死のコルベールに切っ先向けたところの演出は凡庸。
キュルケが特にコルベールを庇うでもないしコルベールも死んだから、この先の伏線を一つ潰した。
実は水の治療魔法でコルベールは生き返りました、などと超展開でもあったら絶対に許さない。

格納庫でのエピローグはコルベールからの才人宛ての手紙を引っ張り出してきたが、この先の戦闘で生きてくるのだろうか。
つじつま合わせのエピローグに終わりそうな気もするが、いずれにせよアニエスもルイズ様も才人も心のやり場のないままに戦闘の終末へ向かう。
インタビュー記事では7万対1で締める様だが、締まるのか?第3期前提のエンドにするのだろうか。
製作の先見性のないまま、1期も2期も終わらないように願いたい。
ここにきて新キャラ登場かと思ったが、前話でマジックポーションによる燦の理想の男像と重ねて、燦自身のなりきりコスプレって事のようだ。ルナの芝居の練習相手にしては壮大な仕掛け。
瀬戸島燦八と名乗っているので、本宮作品のキャラではなくて宮下あきらの「魁!!男塾」オマージュかな。ネタ元より抗議もなく、無事にAT-Xで放送される事を願っておきましょう。
普段は野川さくらのルナの演技が大変そうに思えるのだが、今回は「漢」キャラ演じる桃井はるこも頑張っていた。

燦のアイドル仕事のネタに絡めて、あの燦派 vs ルナ派の抗争再燃。エピソードのリユースが巧みで、日常の学園生活の小ネタから一気に膨らます脚本・コンテ・演出はこのシリーズのお手のもの。それを勢いに乗って描いて行くから「ああ、またか」と思わせる間もなく、嫌な感じはない。

頑張ったと言えば、Bパートは腹話術人形の巻。黒いところから可愛らしいところまで、腹話術の主役であるルナを食った感じ。巻に引きずられたルナは、サブタイ通りに傷ついたアイドル(物理的に)アイドルでありながら、私生活では股を広げて台本読みの態度や黒さの具合がちょうど良い堕ち加減で描かれている。
巻の活躍?の結果3日間意識不明だったルナは、腹話術人形にトラウマが出来たか絶叫、その人形の中の巻はネコに襲われて絶叫の二段オチ。

当初キャラ数の多さが心配されたが、上手く回しているほうだろう。
脚本の流れで登場しないキャラもあるものの使い捨てる事はせず、エピソードにマッチすればサブキャラも積極的に仕掛けてくるから、シナリオの主役も油断が出来ない絶妙な緊張感がある。
腹話術人形でテレビに出ようとする巻に、人魚試験官の明乃を絡めてきて、その流れから燦との剣術対決(燦はモップ持ってるが)エピソードまで構築してくる。
視聴側もスピード感のあるギャグに笑っているだけでも良いのだが、畳み掛けるようなシナリオ構成に良質なエンタテインメント作品を見る思いがする。

制作状況は想像の範囲だが、本撮でアフレコって事はないに違いない。線撮なのだろうが、コンテ撮ほど酷くはないはず。
ラジオで言っていたが、ト書きを意識した役者の演技に合わせて絵を仕上げる事も多いようだから、アフレコとプレスコのミックス状態と言うか同時進行に近いものがある。
制作現場は大変に違いないが、映像と声のフィードバックの相乗効果でライブ感のある作品になっているのは、そう言う理由もあるのだろう。
役者の活躍が目立つ作品ではあるが、厳しい状況でも崩れた事のないAICの制作を褒めたい。
この勢いで2クールを引っ張った、岸監督はじめ他のスタッフの方々にもラストまで期待をしたい。
決戦前のタメの回を作ってきたのは予想外だったが、ロシウの救済と伏線整理・設定解説には重要な回。
サブキャラ・久しぶりのキャラも動いていて、最終決戦前の意気込みと反面の静かさバランスが良い味を出している。シモンとニアの写真立てがある部屋で大グレン団の旗にアイロンをかけるココ爺なんて、ツボをついた演出。今回は佐伯昭志コンテ回で、複数走る話をそれぞれのドラマが共鳴するようなシーンのスイッチングや引きが見事(ファンなので贔屓目100倍かも)

ヴィラルも合流したところで、アンチスパイラルの本拠探索会議。
次元の隙間に隠された存在らしいが、認知論や量子論の範疇と思えば良いのだろう。
簡単に言えば「気合と恋が宇宙を変える」らしい。
カテドラルテラの螺旋力にはサーチ機能があるようで、その前振りとして高速移動のグレンラガンを捉え機能を作動させたようだ。
本物の月は次元の隙間に隠されていたようで、無事に軌道に復帰したからカテドラルテラが軌道を外れても地球への影響は無いと言うことらしい。

ロシウはキノンにメッセージを残し、一人アダイの村へ。過ちを自ら清算する覚悟。
あの司祭も居合わせるが、ロシウが預かっていた聖典はデタラメだったオチ。
「だから人間は面白い」と笑う司祭に対し、笑えないロシウは青年期の希望と挫折を表現するキャラとして適役。ロシウの覚悟を見て取りながらも、一人洞窟の奥に進むことを止められない司祭も、無力な大人を代弁したキャラ。

ロシウを探しながら高速転移したグレンラガンから、真っ先にロシウ駆け寄るのはキノンかと思ったが、シモンのパンチ。
拳銃を手にしたロシウに絶叫と哀願の表情のキノンが先だったらば、良くある萌えアニメパターン。
しかしこのシーンは少し時代を遡って、カミナの兄貴がいた時代のテイストで80年代風熱血コンテで、シモンのパンチで決めた。この選択は作品のスタンスとしては重要だと思う。
グレンの狭いコックピットに久しぶりに搭乗するロシウとキノンの姿に、良き時代の大グレン団がよみがえる一瞬。これでロシウは一時の過ちから救済され、キノンという新たな希望の存在を認知した(手に入れた)

次回はカテドラルテラから「超銀河大グレン」とインフレーション気味の名前もそろそろ最終か、その巨大ガンメンでアンチスパイラルの本拠へワープ。
ココ爺が届けた軍旗の下に再集結した大グレン団。何といっても最強の兵器はヨーコの新ブラ。中身も増量中?
大グレン団メンバーには効果覿面だが、アンチスパイラルには効かないだろうが。
ラストをおっぱいネタで落とすような落とさないような、絶妙な加減で次回決戦へ。

天元突破グレンラガン 3天元突破グレンラガン BEST SOUND(DVD付)
天元突破グレンラガン 3 【第6話(解放版)「見てえものは見てえんだ!!」収録】 9/26発売予定(Amazon)
天元突破グレンラガン BEST SOUND(DVD付) 10/3発売予定(Amazon)
間違い探しネタと新キャラ色糸交の登場。
アバンは前回の使いまわしだが、制作はこれすらもネタと考えているフシがある。
自分自身の間違い探しを追及してゆくと、何が正解か?選択の妥当性は?など議論のための議論、アニメの場合はネタのためのネタの自家撞着に陥る罠。結局はアイデンティティに行き着くわけで、この話数もそれを忠実に実行している。

それにしても「人生の7つの間違い」
男子校に入る・浪人生活中にエヴァにはまる・アニ研に入る・コミケに行く・業界に入る・会社が潰れる・絶望先生のアニメに携わる
いかにも30代業界関係者の経歴。

オチなんて無くても良いけれど、髪フェチの交と実はくせ毛のカエレの髪爆発で締めた。カエレの汚れ役は板についてきたし、智恵先生と霧の微妙な落ち着き加減も良い。
交は智恵先生と兼ね役で矢島晶子。
絵は安定している、というか動きが多い作品でもないし、エフェクトで目が誤魔化されるから、キャラの大崩さえなければ非難は浴びない。パストラルのグロス、作監は実原登。智恵先生の肉感的な線はさすが。

キッズステーションの物販サイト“キッズセレクト”
そろそろ大詰めだが、ずっと和麻のターン。
ラピス(翠鈴)との過去にとらわれたまま、ヴェルンハルトとパンデモニウムを探し超能力者たちを叩きのめして歩く。

Aパートは、屋外ステージでのプレイヤー同士の戦い。1対1のレベル上げの対戦に和麻が割り込み、パンデモニウムの情報を得ようとする。
例のカメラ小僧を追えば良いことに思い当たったか、復讐相手の七瀬をマークすれば良いことに気づいたようだ。
Bパートは、そのカメラ小僧がクラスチェンジに成功したもよう。
七瀬宅を護衛する和泉とキャサリンコンビを、和麻が撃破。案の定七瀬はカメラ小僧に操られて、家から消える。
和麻はその後をつけたのだろうが、進展は次回に。

霧香がロンドン時代の荒んで怜悧な和麻の過去を綾乃に聞かせ「過去にとらわれた彼を引き戻して救えるのは綾乃だけ」
和麻が日本に帰ってから昔と変わったのは、綾乃のおかげだと言いたいようだが、そんなエピソードや伏線有ったかなあ?
勘違い空回りばかり多くて、そんな触れ合いも無かったような気がする。

今回は絵も安心。パストラルのグロス回で、作監協力として実原さんがクレジットされていた。
次回予告ではキャラが不安。制作スタジオはどこだろう。

風のスティグマ 2008年度版カレンダー 予約中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。