アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・TVアニメ ラムネ第11話「台風の夜と夏の終わり」

原作PCシナリオと違って、幼時のシーンを織り込みながら進行するのがこのアニメの特徴。
幼い時の台風の晩、両家の2階ベランダの距離を越えられなかった七海(Aパート)
現在の台風の晩、健次が驚く中でベランダを容易に飛び越える七海(Bパート)

第10話の旅館のお泊まりシーンのフォローは少ないが、確実に二人の距離は近まった描写が多い。
鈴夏、ひかり、美空もそれを感じてひやかす。

今回の七海の表情は可愛い。
台風の晩に健次にグリグリされる七海。
お願いで見上げる七海。

Bパートでは腹痛を訴える七海をリヤカーで運ぶ健次だが、バイクで医者を呼びに行けとか、携帯は通じないのかとのツッコミは無用。
このシーンのためだけにリヤカーの伏線の意味がある。

今回は圧倒的に健次の貸し。
しかし次回は。
佐倉の呪いではあるまいが「いつまでも大丈夫だと思ってちゃダメですよ」が現実に。

こう見ると七海と佐倉はポジとネガ。
ほんの偶然とすれ違いが明日に繋がって行くのだと。

今日のぽんこつ
作画が良い!ぽんこつ分が少ない


・TVアニメ ラムネ第12話「100個の貸しと100個の借り」

健次の事故後、学校へ行かずに病院へと通う七海。
青い魚のピン止めを握る七海に佐倉の言葉が蘇える。

意識を戻さない健次に、一方的に貸しが増える七海。
美空、佐倉、ひかり、多恵とそれぞれの新しい日常と季節の変化をを織り込みながら、目覚めない健次と病室で向き合う七海。

貸しが100個を超えて、健次に命令する七海「起きなきゃダメなんだよ、命令だよ」

留年し髪を切り、喫茶店の手伝いもはじめた七海。
二人はアレなんだから、ずっと一緒にいるという決意が感じられる。

そして、また夏が来てひかりがやってくる。
二つのヘアピンを風鈴にした七海。
その風鈴の音に誘われるように目覚める健次。

エンディングは「なんてね76's」(佐藤裕美)にクレジットがカブり、また七海と健次の貸し借りが始まってゆく。
KAKOの「夕凪」がエンディングに合ってると思ったのだが、インチャネ絡みで「なんてね」ってのは許す。
今回の台本は後藤邑子の独演会。
他の声優さんは「・・・」の多い台本だったでしょう。

今日のぽんこつ
なし

[ラムネ 総括]の続きを読む
スポンサーサイト
コミックマーケットC69初日の状況。

お昼で適当に仕事を終わらせて、ビッグサイトへ13時半着。
あまり混雑している印象がないのだが、そそくさと企業ブースへ。

通販で注文済みとはいえ、「ねこねこソフト」へまっしぐら。
危うかったです、10分遅れたら冬コミセットの当日販売分は終了でした。
いつもの事ながら待機列の整理の手際よさ、レジのスムーズさは一番ではないかと思います。
(NavelもC68と比較すると改善されている様子、オーガストは理解不能な長蛇の列)

今回もむやみに豪華にプラズマディスプレイでデモ流してます。
小雪と七海の掛け合い。

次回新作のスカーレットもデモしてます。
ヒロインしずか(17才)のCVは籐野らん(多分)
ぽんこつヴォイスではなく、ひよりんを200%(当社比)賢くした感じ。
でも単語の繋ぎを聞いてると、間違いなく籐野らん。

もらった新作予告のチラシでは音楽もむやみに豪華そうです。
Elements Garden、ebi、バーバリアン、I've、ランティス他がクレジットされています。
「冬発売予定」って彼岸までは許す・・・

むやみに順調だった冬コミ初日でした。


チラシの表



チラシの裏

2005/12/22 LIVE!
出演:佐久間紅美・中村繪里子・落合祐里香・又吉愛・狩野茉莉・下田麻美・
山本杏美・今井麻美・綱掛裕美・本田陽子

鋭意執筆努力中 m(__)m

仕事が終わらない、コミケも行かなくては・・・はうっ
極上YOTSUYA-X'mas 
LIVE GATE TOKYO
http://www.livegate.jp
2005/12/25
出演者:極上生徒会軽音部
    佳織みちる
ゲスト:佐久間紅美

年末に来て腰痛になったり(^^ゞ 所用ができたりと慌ただしかったのだが、このライヴのために急遽帰京。入場開始時間過ぎて何とか四谷に到着。
オールスタンディングですが100人近く入ったかな?
割りと後ろのポジションを確保。

佳織みちるさんってゲームソングも歌ってるんですね。知りませんでした、スミマセン。

ゲストの佐久間さんは「ここにいるよ」(極上生徒会キャラソン)のイントロに乗って登場。
相変わらず確かな歌唱力です。しかも可愛い。
MCもネタ満載で面白い。

歌は1曲だけですが、くまちゃんお得意のカルトクイズ(極上ネタ)
正解者への景品は布教中らしい「たらこキューピー携帯ストラップ」3名と、ここには書けない(くまちゃんが書かないでくれと)レアグッズが1名。

最後に聖奈さんヴォイスで「乾杯!」して約15分のステージでした。

腰痛ベルトで締め付けてでも無理に参加して良かったです。
くまちゃんの声と笑顔に出会えて「来年も生きてゆける」と思ったりして。

ところで宮崎さん、くまちゃんのライヴ企画しませんか?
アニメイベントでは他作品の歌を聞けないので、歌手「佐久間紅美」を聴いてみたいところです。
参加予定のイベントをいくつか。

12/25 「極上Xmas」LIVE GATE TOKYO
お目当てはくまちゃん。
行けるか微妙な情勢ではあるが。

12/29-12/30 コミックマーケット69 東京ビッグサイト
初日は仕事と称して行く予定。

1/19-1/22 舞台『亜細亜的鼓動'06』東京芸術劇場
くまちゃん久しぶりの舞台。

2/5 『アミューズソフトフェスティバルVol.3』大田区民ホール
収録も放映もとっくに終わった時期のラムネイベント。
DVD販促かな?


TVアニメ ラムネ第10話「フォークソングとかさなる心」

文句を言いつつも、ユルさに洗脳されつづけて早や10話目。
七海ルートの一本道。
最近頻繁に見かけるSDキャラとか崩しキャラが出ないのは珍しい作品だと想うが、
遊んでる余裕がないのか予算がないのか、元々キャラが崩れているから不用なの
か定かではない。

冒頭は台風で畑が荒れたあとの幼時のシーン。
デートのおもちゃ屋で七海が抱き上げた人形は部長(w
自販機で選んだ飲み物は仲良くドクペ。
ねこねこテイストをしっかり押さえてます。 ようやくリヤカーも活躍。

喫茶店で星占いする美空とひかり。
ひかりの運勢「口は災いの元」
七海と健次の運勢「劇的な恋の予感、健康運に注意、雨風に注意」
露骨に伏線を貼ってくれます(笑)

二人でキャンプ場までツーリングするも、バイクが故障。
やっとたどり着き、旅館で一泊。
電話で連絡受けたひかりは敗北の予感で「鼻でピーナッツを食べる」覚悟か。
満室で仕方なく二人で一緒の部屋ってのは定番。

七海の「好き」「なんてね」健次はキスしなかったな。
原作PCゲームでは、このあとの二人はもちろんお約束どおりです、ハイ。

次回はこんな二人だけの夜もさらりと流して、台風と七海の病気と少し鬱展開になるか?
最終回は健次の身は大丈夫かな。

今回のぽんこつ
ショーウィンドウのアクセサリーを見つめる七海「要らないよ、ちょっと見てただけだから」
バイクからピースしまくる七海。
妄想に顔を赤らめる鈴夏。
監督!掃除する鈴夏の止め絵、長すぎ!(6秒)

補足:DVD第1巻に封入ポストカードの冬服の七海、カワイイ

DVD七海




TVアニメSHUFFLE!第22話 新しい明日(WOWOW) 今週は5分遅れの開始。

「ありがとう」じゃないだろ、稟!
楓が望んだのは、もっと別の言葉だったのに。
でも失った時間は戻せない。

Aパートの朝の通学風景に楓がいないので、少し心配する。
クラスの描写に居たので安堵というより「何で?」
稟と一緒に下校する会話にも絡んでこない。
シリーズ初期の幼なじみ&同居家政婦へと降格宣言されたようで、寂しい。

樹のハーレム発言や紅女史に怒られる稟を見て、最初の頃の使いまわしかと錯覚するような構成。

プリムラは料理を習い、ネリネは放送部入部、シアはお菓子作りと自分探し?を始める。
でも、無理やりキキョウ(裏シア)を出さんでもと思う。
ツボミの登場はオマケというかPS2版の販促か。

プリムラが徐々に魔力をコントロールして使用し始めた。
皿洗いしながら2階の稟と楓の様子を察しているし、稟に抱きつくキキョウを空中静止、神王すら凍結させる。
これが亜沙の体調に影響を与え始めるのだろうか?もう影響しているのか?最後に倒れたし。
でも、ネコ耳メイド姿のプリムラ、ムダにパンツ見せてる。

ネリネやシアは一応気持ちをリセットしたようだが、稟への可能性をあきらめていない。
しかも各々親の強力なバックアップがあるのだが、「同居」の優位性が無くなり「稟の為に尽くすこと」を半ば放棄させられた楓に残されたものは?
次回は亜沙&亜麻の秘密が語られる回。プリムラも絡むか。

部屋を「そのままにしておくから、いつでも泊まりに来てください」と楓は言うが、最終話で救いが見えるのだろうか?

稟は模型の帆船は置いて出ていくのだろうが、救命ボートが外れて転覆状態で落ちていたのを楓が拾って直すシーンが何かを暗示しているのか?

?マークの多い記事になってしまいました・・・

TVアニメ魔法少女リリカルなのはA's 第11話 「聖夜の贈り物」

このアニメ、いつぞや「百合っぽい」などと書いてしまったのだが、魔法戦闘モノとなってきた感がある。
放送は1クール13話だったかな?
そろそろ結末に向けて盛り上げるところ。

「闇の書」に閉じ込められたフェイトだが、夢のなかで姉アリシア(CVは水樹奈々が二役こなす)と出会う。
ん?アリシアってキャラ名はARIA でも出てたような。

フェイトにとって一見幸せな夢だが、現実からは遠い。それがかえってつらい。
はやては「闇の書」に新たな名「リーンホース」「リインフォース」を与え、フェイトは開放される。

なのはの孤軍奮闘が続くが、壊れる危険を顧みないレイジングハートも健気だね。

「闇の書」が「生でも死でもない永遠にお前も閉じ込める」と言えば、なのはは「えいえんなんて、ないよ、変わっていかなきゃ」と返す。
これは有名な「えいえんは、あるよ。ここに、あるよ」のコピーへのアンチテーゼである。
まあ、リリカルなのはの出自もPCゲームだから、脚本では意識はしているんだろう。
(詳しくはTactics 「ONE ~輝く季節へ」で検索または自らプレイのこと)

次回も期待。
ヴィータの再登場を願う。
ホンダの ASIMO の新型が 12/13 に発表された。
ヒューマノイドタイプと呼ぶには少し気が早いするが、今回の新型は二足「歩行」ではなく「走行」を可能になった。
デモを見ている限りでは走行時の姿勢に違和感はない。
ある程度のプログラミング範囲での行動だろうが、来客への案内とお茶出しもしてくれる。
家庭内で実用化されるまでには20年くらいかかるかもしれないが、介護などへの応用に展望が見えてきたような気がする。
でも「メイドロボ」実用化されたら、オタク層から売れ始めるのだろうか?

そこで放送中のTVアニメ「ToHeart 2」だが、名前を「イルファ」という新型ロボット HMX-17 が登場した(BS朝日で視聴)
惰性で見ているだけで感想なんてほどのものではないのだが、ちょっと書いてみる。
今までの回が登場キャラのエピソードをぶちまけただけに見えるが、今回のイルファの登場で締まってきた。
しかし1クールでは、あの登場キャラ全部を薄く取り上げるだけで終わりそうだ。
「あかりとマルチ」のように、例えば「このみとイルファ」に絞ったほうが良かったのではないかと思う。
長瀬のおっちゃんが少し出ていたのは懐かしかった。

日本のロボット開発者は「鉄腕アトム」の実現を意識した部分が多いと思うが、普及の前段階に近い現在は「マルチ」を目指して欲しいものです。
ホンダさん、ASIMO HMX-12 マルチ を生産すれば、売れますよ。マジで。
Voiceは「ほっちゃん」、モップがけ成長プログラム組み込み希望。
TVアニメ SHUFFLE! 第21話。
稟なりに結論を出したわけだが、今回見終わって19話と20話は別物だったのだな、という感想。

亜沙エンド(仮)に至る構成の中で、前2話が突出していた。言い換えると不自然又はやりすぎ。
稟の気持ちの行方は見えてきたが、楓はどのように気持ちの整理をつけるのだろうか。
プリムラも居候キャラで終わってしまうのだろうか。

次回予告では稟が新生活をはじめるようだが、空になった部屋を掃除する楓の気持ちの行方は。
ネコ耳メイド姿のプリムラに期待。
亜沙の体を蝕む根本原因は解決していないので、どのようにまとめるのか。

何だか辛いので、第2期の制作はしないよう希望。
むしろ「楓・アフター」とか「楓マニアックス」を希望する。


さて、TVアニメ ラムネ 第9話「ふたりの距離とラムネの瓶」
佐倉の引っ越しのお話し。

ロボットも魔法も出てこない、どこにでもある普通のお話し。
作画が悪いだのキャラでザがどうだの関係なく、原作のコンセプトをまったり守りつづけている。

幼い頃の淡い気持ちを秘めて、大切にしてきた変哲のないラムネの空瓶。
ほんの小さなきっかけで未来が変わることを佐倉が語ってくれた。
「いつまでも大丈夫なんて思っちゃダメですよ」

もしかして健次の隣りに立つのは自分だったかもしれない、と佐倉の想いがツライ。
佐倉は「裏七海」の存在。前回からの2話で良くまとまっていた。
だんだん「ぽんこつ」指数が下がっているが仕方ないか。
田口宏子の演技は良かった。
次回はお泊まりの回だが「健ちゃん、アレだよね」「うん、やっぱりアレだな」なんて展開にはならないだろう。
CVに吉住梢が登場だったらネ申の回なんだが・・・

ところで「ぽんこつ」って流行ってます?
水銀燈復活回の「ローゼンメイデントロイメント」でも「ぽんこつ」って言ってたような。
「ジャンク」も似ているけど少し印象が違う。

これからPCゲームの佐倉ルートやろうっと。
PS2版だとν佐倉ルートがあったんだっけな。
TVアニメ「ラムネ」の放映を契機に、PCゲームラムネをプレイする。
1年位前に買ったままで積んでおいた薄幸なヤツ。
取り急ぎ「七海ルート」をクリア。
オートプレイで途中で居眠りしてると、途中経過に抜けがでる。
アニメほど緩くはないが、眠気を誘うゲームかも。
多分「七海ルート」は片岡ともシナリオだと思うが、小粒だけれども良い仕上がりだと思う。

で、何となくコンシューマソフトも買う。

PS2「120円の春」
PS2「みずいろ ベスト版」

確か後者はν日和シナリオがあったはず。冬佳のシナリオも追加されてたような。
しかしPS2本体を持っていないので、どうしたものかと。

そんなで、ねこねこソフトの冬コミ作品は小雪がメインになる模様。
個人的には麻美先輩をいぢり倒して欲しかったのだが、ちょっとだけ期待を残しておく。
公式にアナウンスされていないが、冬コミではメカ進藤キーホルダー
も発売の模様だ。
通販予約が開始されている。

メカ進藤キーホルダー


さて、ねこねこソフトの完全新作が進行中のはずだが、あまり情報がない。
伝統のぽんこつキャラは確定だろうが、他のキャラは?どんな世界なのか?
声優陣はあっと驚くキャスティングはないだろうけど。
楽曲はどうだろう?
上松さんとこ(Elements Garden)でやって欲しいのだが、予算的にどうなのか?

閑話休題
上松範康は国際的アルパ奏者である上松美香の兄で、彼女にも楽曲を提供している

ヴォーカル予想(妄想)
本命:OP YURIA ED KAKO
対抗:OP 佐藤裕美 ED カツタマイコ
穴:籐野らん、堀奈生ほか声優陣
大穴:水樹奈々(曲:上松範康)
欠場:栗林みな実、Lantis系
パーソナリティーの組み合わせが変わったが、番組名は変わらぬもよう。
Shuffle とか Mini と来て、次は Nano か、まさか Swap ではあるまいかと心配していたが杞憂に終わったようだ。
各週交互に番組更新で、12/1は「佐久間紅美と中村繪里子の声優生活向上委員会」
「裏声優生活向上委員会」は従来は Bibio でしか聴けなかったが、今後は会員登録制で聴けることになった。
サクラは季節はずれだが、TVアニメ「ラムネ」の佐倉のこと。
このアニメも季節はずれではあるが。

TVアニメ「ラムネ」前夜祭で見た第1話の印象が良くなかった。
なんと言うかトライネットのノリに違和感があった。
原作のPCゲームと比較してキャラデザも微妙に崩れていて、七海の母は別人になってるし。

文句は言いつつも毎週見ているうちに、中毒というのか慣れというのか心地よくなってきた。
序盤は日本初?の農業アニメ登場を予感させる進捗だったが、ひかりや鈴夏のエピソード回を重ねて、今回は後輩の佐倉のお話。
前回キャラデザが崩壊していたが、今回は少しまとも。

アニメはゲームで言うところの七海ルートらしいので、健ちゃんと七海の関係は崩れなそう。
七海もちょっとはヤキモチ焼いているのだが、ぽんこつゆえ破壊力ゼロ。
ゲームキャラの七海は案外「キッ」とした表情を見せるのだが、アニメ七海はユルイまま。
次回は佐倉の引っ越し場面のようだが、原作に沿うと佐倉の決意の告白も玉砕のはず。

今回のポイントは七海のスク水。
重要な伏線
フォークダンスで一緒に踊れなかった健ちゃんと七海。「また、いつでも踊れる」と語るのだが、毎日の何気ない日常が日常でなくなる事が来ることを、多分次回放映分で佐倉が告げるか?
原作通りだと、ラストあたりで貸しの数が一方的に増えてゆく、七海のつらい悲しい表情を見なければならないのだが、このアニメに鬱は似合わないかも。

ラディクスも地元だし、DVDも予約したし、地味に応援してます。

今週放送でもやってくれました、TVアニメ SHUFFLE! 第20話「忘れられぬ罪」(WOWOW)
アニメ版独自の脚本だと思いますが、過去に絡む「亜沙の罪」と「楓の罪」をクロスさせながら、うまく仕上げています。

以下ネタバレあるかも 注意!

稟&亜沙のラブラブシナリオと楓の不幸シナリオが同時並行で進行して、なんだか不安定で居心地が良くない。だが面白くないわけではない。

楓の長年抑圧されていた感情、贖罪の気持ちが稟への思慕の面に変化していることに、唯一プリムラだけが気付いていた。もちろん過去の事件は知らないだろうが、共に暮らす「家族」の微妙な変化に気付くのが人間ではなく、人工生命体だったのは何かの皮肉か。

「稟くんのお世話をすることが、私の生きがいですから」
これまでの楓は贖罪に名を借りた、稟への「片依存状態」であったのだが、前回ラストの感情爆発で良い方向に変化するのではないかと期待していたが。
しかし、この脚本、制作スタッフ達は甘くなかった。今回は追い討ち。
アニメ・ゲームなどでの11月の散財
・DVD SHUFFLE! Episode.1 <初回限定版>
・DVD SHUFFLE! Episode.2 <初回限定版>
・DVD SHUFFLE! Episode.3 <初回限定版>(予約)
・DVD ラムネ Vol.1<初回限定版>(予約)
・DVD ローゼンメイデン・トロイメント 第1巻<初回限定版>(予約)
「まほろまてぃっく」VISUAL BOOK
「まほろまてぃっく~もっと美しいもの~」ヴィジュアルブック
・「ひだまりスケッチ」 1
・「SHUFFLE! カレハ編
・CD 「日雇いフラグラアイランド!後藤邑子編」
・CD 「ねこクリスマス」ねこねこソフト(中古)
LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション (2台も!)

お布施
・銀色 再販 ねこねこソフト
・みずいろ 再販 ねこねこソフト

結構、散財してます。
12月は更にエスカレートしそう。
LF-PK1は1台売って PSP を購入すべきか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。