アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「本棚を見れば、その人の思考がわかる」と言われますが、視聴したアニメタイトルを挙げていくと嗜好なり興味の対象の分布図が描けそうです。

この数ヶ月で視聴した主なアニメタイトルとソース

・「これが私のご主人様」BS-i
・「まほろまてぃっく」AT-X、レンタルDVD、原作コミック
・「まほろまてぃっく~もっと美しいもの」レンタルDVD、原作コミック
・「SHUFFLE!
」WOWOW(放送中)、セルDVD、ノベライズ
・「未来少年コナン劇場版」BS日テレ
・「最終兵器彼女」ファミリー劇場
・「最終兵器彼女~Another love song~」レンタルDVD
・「こみっくパーティー Revolution」AT-X
・「おねがい☆ツインズ」チャンネルNECO
・「光と水のダフネ」AT-X(放送中)
・「ToHeart Remember my memories」AT-X、フレッツスクエア
・「極上生徒会
」テレ東(録画済、途中までみた)
・「ふしぎ星の☆ふたご姫
」テレ東、BS-J、AT-X(放送中)
・「AIR 夏・特別編
」BS-i
・「ラムネ」関東U局(放送中)
・「はっぴいセブン」関東U局(放送中)
・「銀盤カレイドスコープ」テレ東(放送中)
・「Canvas2
」関東U局(放送中)
・「魔法少女リリカルなのはA’s」関東U局(放送中)
・「ToHeart 2」BS-A(放送中)
・「舞-乙HiME」テレ東(放送中)
・「ARIA The ANIMATION
」テレ東(放送中)
・「ローゼンメイデン トロイメント
」BS朝日・アニメイトTV(放送中)

抽出されるキーワードは、こんな感じ。
キャラではメイド・人工生命体・アンドロイド・魔法・戦闘
声優では中原舞衣・清水愛・田村ゆかり・川澄綾子・後藤邑子・佐久間紅美

さて、私の嗜好分布図は?

でも今クールの番組が多いので、幾つか視聴カットしなくてはなりません。
切ることになりそうなのが「ToHeart 2」、「舞-乙HiME」の2番組、キャラの声だけ聴いて済ませるのが「銀盤カレイドスコープ」(川澄綾子アワー)
「はっぴいセブン」と「ARIA The ANIMATION」は、メモリースティックへ録画してCLIEで通勤中に見て終わらせる予定(格下げ対象)
「ラムネ」は全然期待せず、また期待通りにヌルイ展開が3話続く。
でも七海役の後藤邑子の声が環境音楽のようになってきて、止められない。
さすが「ねこねこマジック」(もっとも、ねこ信者だからってのもあるが)
もうヤマやオチは不要なので、このまま行って下さい。

「ARIA The ANIMATION」も、色使いのせいか環境ビデオみたいだな。
「Canvas2」は最初2話はエリスのせいか?息苦しい展開だったが、攻略(笑)キャラの登場も多くなり、「ツンのあとのデレ」を期待しつつ視聴継続決定。

「SHUFFLE!」は今回はオープニングもすっ飛ばしていきなりドラゴンが空駆ける魔界の場面から。
プリムラとネリネ(リコリス)の話をオリジナルな展開でうまく絡めつつ、プリムラ帰還。
で、次回はシア(キキョウ)の話へ。
これでプリムラ、ネリネ、リシアンサスのエンドは無くなった感じ。
折りに触れ伏線を張ってきた、亜沙の魔法嫌いに潜む秘密はその次の回か。
で、楓は?亜沙と絡めつつ過去の軋轢を消化してしまうのか?
ヘタレ主人公では無い設定らしいが、大団円ののち結局誰も選ばずに元のまま楓と暮らすエンドになりそうな気がする。
スポンサーサイト
WPC EXPO 2005 で最大(当社比)の見どころ「声優生活向上委員会 全員集合SP」の開催日がやってまいりました。
念のため開場と同時に入場。走る奴がいるが販売ブース目当てらしいので、こちらは慌てず。
3列目中央に席を占め、そのまま1時間ほど待機しつつ寝てました(笑)
公録との説もありましたが、この環境で収録は無理でしょうね。
正面のカシオブースでブラスを奏で、隣りの富士通ブースでは和太鼓の演奏が華々しく鳴り響いています。
さて、定刻過ぎて前説が終わってから出演者の登場まで5分ほど間があいたのは何ででしょう?
また誰かが遅刻したのかと疑いが・・・・・

ステージ上手から佐久間紅美落合祐里香又吉愛、中村繪里子の4名。
進行役は順当に?くまちゃんが担当の模様。
くまちゃん、転んで肘が擦り傷だらけとの事で長袖、ジーンズスカートに悪魔のブーツ(以前、脱げなくて七転八倒したとラジオで言ってたが今回は大丈夫か?)
ゆりしーは黒のノースリーブでエロカワ狙い。寒そうだが。
あいりーはウェスタンっぽい、ちび可愛い(くまちゃんより小さいか?)
えりりん、髪をアップにして、お姉さん風。

各自の紹介兼ねて質問コーナー。
今朝何時に起きたか?ゆりしー「4時半に寝て5時半に起きた」
最近うれしかったこと?くまちゃん「メイクさんにすごく若く見えるねって言われた事」

次は2チームに分かれてクイズ合戦。
勝敗つかず、判定でくまちゃん・ゆりしーチームに勝利&賞品。
敗者の罰ゲームはハロウィン魔女とネコ耳装着をえりりん・あいりーチームに。

次は4人で「妄想日記」
あいりーの「ハート逮捕しちゃうぞ」は良かったね。
ゆりしーの「いぇへへーっ」これはこのみキャラか。
判定の勝者はあいりー。

最後に告知。
次期も放送決定。
再度シャッフルして、くまちゃん&えりりん、ゆりしー&あいりーの2組に分かれるとの事です。

実質30分のステージなので、結構進行がきつそうでした。
出演者・製作の皆様、楽しませていただきました。
くまちゃん、仕切り役お疲れ様でした。

16時過ぎにサン電子ブースに寄ると、あいりーと番組Dがスポンサーさんに挨拶して帰るところ。
ステージ終了後もずっとWPC会場にいたようですね。
でも、あいりーってお母さんが会場に来ているって言ってたけど、どうしたのか?
ゆりしーは速攻で帰宅かな?日記のアップ早かったし、1時間睡眠だったから寝たのか。
ステージイベントのレポートは別記事を参照いただくこととして、その他のレポート。

サン電子のコンパニオンさん
DSC00084.jpg


こちらはHitPOPSのコンパニオンさん

DSC00085.jpg


こちらは第2日本テレビのコンパニオンさん?(社員ぽいですが)


DSC00086.jpg


これだけか?
はい、今回はこれだけです m(__)m

ちょっと気になったブースは以下

・日産自動車
モーターショー期間中にもかかわらず、走行路まで設けてカーエレクトロニクス中心に展示

・群馬県
多くの来場者が見込めるイベントで、企業誘致促進のために出展とのこと

・リンガフォン
同じような理由でしょうか、勧誘活動活発でした

・ゲオビービー
やはり新規入会勧誘目的で複数箇所に出展

・韓国企業ブース
最終日の29日は商談にならないのか閉店状態、台湾ブースと対照的

全体的には、一時のPCに対する妄信的な熱気も収まり、より良い利用法へ興味が移ってきているようだ。
ソフトウェアメーカーの出展が目立って減ってきた気がする。

イベントやコンパニオンなどで華々しさを演出するだけでなく、きちんと技術者を配したブースが多く好感が持てた。
特に、キヤノン、松下電器、NEC、大日本印刷、ブラザー工業が印象に残った。



しばらくぶりのWPCだが、ビッグサイトでの開催では初参戦。
ついでにセキュリティーフェアも寄りましたが、いつも気になるのは床に凹凸があるところ(西館3・4)

出展社の視点からは幕張メッセの方が搬入・搬出が楽で、来場者の誘導もしやすく思える。
以前のメッセではブースも多く、混雑した印象があるがビジネスデイのせいか広々としている。

・Windows Mobile搭載のスマートフォン、ウィルコム「W-ZERO3」を触ろうと思うが、ウィルコムブースは人だかりが多いので、シャープブースで体験。インテルブースにも1台だけあります。こっちが狙い目かな。
DSC00075.jpg


DSC00077.jpg


スライド式キーボード、タッチペン、カーソルキーを備え、Webブラウズとメールには不足なし。
PHSと無線LANでネットワークにも不足ないスペックです。
まだ試作機段階なのかキーボードのスライドにガタがあったり、外装の手触りなど質感はイマイチ。
Palm/CLIE の代替にできるのか、しばらく様子見か。

高速電力線通信推進協議会(PLC-J)
電力線通信の促進協議会が出展中。
家庭内の電灯線に短波帯のキャリアを乗せて、家庭内LANに利用する機器と研究結果を発表している。電波法改正を待つのみで各社は準備万端のようだが、ラジオへのノイズは本当に問題ないのか?
今でさえ都市部の家庭では短波帯に影響を及ぼすノイズが物凄い。
短波ラジオ放送は過去の遺物になるのか?
パナソニックブースでも自社機器を出品中。

マイクロソフト
ちょうど効果的なプレゼンのポイントを自社製品(PowerPoint)を使用してプレゼン中?
なんだか変な文章?

・台湾メーカー
やはり世界のPC&サプライの補給基地としての面目躍如か、多数のブースが出展中。

サン電子
少し前はモデムメーカー、もう少し前はゲームソフトメーカーとしての印象が強かったが、ネットワークミュージック機器の他に、ECサイトも宣伝中。
愛聴中の「声優生活向上委員会」のスポンサーでもある。
ネットワークプレーヤーSUNTAC BiBio wGate
がEXPO特価として直販価格より30%くらい安かったので、一瞬心が動く。
「これで裏声優生活向上委員会も聞ける...」、「でも、くまちゃん(佐久間紅美)のレギュラーもあと3回くらいかな?」
根性無しなので、購入は見送り(苦笑)
サン電子ブースステージでの商品プレゼンをコンパニオンのお姉さん2名でやってましたが、構成が良くないので何がお薦めなのか、わかりにくい。
声優生活向上委員会のDにでも脚本書いてもらったほうがいいかも。


DSC00078.jpg


DNP
Felica関連のデモ中。
仕事がらみなので、デモ後に担当者からも説明を受ける。

DSC00081.jpg


ブラザー工業
地味に小型モバイルプリンタなどを出品中。
小型コピー&FAX複合機など、コストパフォーマンス高い製品を出していますが、目立たない。
サン電子といい愛知方面の企業は堅実で、良い企業が多い。

・VOD各社
ブロードバンドの定着で、そろそろ普及期に入りそう。
各社の競争はこれから過熱しそうだが、従来の地上波やBS・CS・CATVなどとの棲み分けは難しそう。コンテンツも足りない。

・6ホールのステージ
29日の「声優生活向上委員会 全員集合SP」は録音・撮影禁止との事。
これだけのキャパなら、朝一から焦らなくても見ることは可能でしょう(最前列至上主義の一部ファンは除く)
出演者の皆さん、製作関係者の方々、当日は期待しています。


DSC00080.jpg

DSC00083.jpg

・魔法少女リリカルなのはA’s
フェイト役を務める水樹奈々ですが、彼女って歌手の分類になるのかな。
そんな彼女がオープニングの「ETERNAL BLAZE」でヴォーカルと共に詞も手がけています。
情緒的でスローに始まるが、テンポアップと共に緊迫感が漂う。今後の戦いの展開の厳しさを予感させるかのようなリズムとメロディー。彼女のピシッとしたヴォーカルがバランス良く、本作品のオープニングとして相応しい仕上がりです。

そんなオープニングのクレジットに「作曲 上松範康」の名を見つけました。
「ああ、上松さんか」と一人で納得。
作品の特徴をキャッチして良い曲作るね。ストリングスも効いてるし。
「みずいろ」関係の曲は愛聴盤です。いまでも。
以前はリバーサイドミュージック/feel でゲームミュージック中心に活躍していたが、Elements Garden 代表ってことは独立したのかな?
今後の活躍を期待しております。

エンディングは田村ゆかりだが、楽曲がコナミは当然か。
キャラの声が甘いと前回書いたが、彼女の特徴でもあるし小学生の役だから段々慣れてきました。

・ラムネ
この作品こそ Elements Garden あたりに楽曲を手がけて欲しかったのですが、インチャネ主導なので仕方なしか。
エンディングが合わないんだよね。
村田あゆみが嫌いってことでは無いんですがね。

・舞-乙HiME
オープニング曲は詞・曲・ヴォーカルとも栗林みな実
編曲はいつもの飯塚さん。
みな実ちゃん、ちょっと限界かな。好きなんだけどね。
アニメのイメージとか尺の関係とか制約が多い中で、詞先で創っているように感じるが、イメージの広がりが弱い。
どこかで聞いた感じ。
「クロノクルセイド」オープニング曲「翼はPleasure Line」は上述の上松範康氏の作曲で、彼女はヴォーカルに徹してる。こっちのほうが似合う。
飯塚氏の曲でのヴォーカルも良い。

・To Heart 2
こちらもゲームが原作。アクアプラスのPS2版が元。
関東U局の画質に疲れたので、BS朝日で視聴するも1週遅れ。
作画がちょっと?遠近感がなく、薄っぺらな感じ。
前作、前々作と比べても仕方ないことだが、声優陣がパワーダウンした感が否めない。
ヒロインのこのみ役のゆりしー(落合祐里香)は頑張っていると思うが、余裕なく一杯一杯の感じ。
前作 R のあかり(CV:川澄綾子)とマルチ(CV:堀江由衣)の出来が良かったため、落差大きい。
タマ姉が帰ってきた分、少し期待。

・舞-乙HiME
前作のパラレルワールドかな?舞台が中世ヨーロッパ風。
かなりのキャラクターは中の人も含めて残っている。
新たなメインヒロイン、アリカ役には菊地美香。デカレンジャーのデカピンクの方が通りがいいかもしれない。
サンライズ製作だから、途中で変な方向には行かないでしょう(決して某ガイナ・・・の事を非難しているのではないですけど)

・ARIA
2話まで見たが、つかみどころ無し。
あの変な生き物は何でしょう?

SHUFFLE!
秋の新番組ではないが、ついでに。
ドタバタ・ラブラブモードだったのが、12話からプリムラの異変でシリアスな展開。
この辺はオリジナルと少し違う進行だが、放送予定を見るとこの後にネリネ&リコリスのルートへ話しをつないで行くようだ。
割合淡々とした生活が続いた中で、13話で魔界に帰ったプリムラに対する稟の感情表現は唐突な印象を受ける。
そんな稟を叱咤激励?する亜沙先輩も芝居がかって、CVも年寄りくさく聞こえてしまう(笑)
楓の出番はどうなっているんだ?と催促したくなるが、プリムラ+ネリネ(&リコリス)、シア&キキョウと消化してからの登場か。今のところ家政婦&入浴サービスシーンばかりで実に惜しい。
いよいよ「黒」楓が見られるのか、またその際の後藤邑子さんの演技に期待している。
・Canvas2
老舗F&C ゲームゲームのアニメ化。
主人公と同居の従兄妹、数年ぶりに再会する幼なじみの彼女。
例によって、態度のはっきりしない主人公を中心に話しが進む恐れもあるが、お手並み拝見。
オープニングとエンディング曲はYURIA姐さん。

・魔法少女リリカルなのはA’s
前作「魔法少女リリカルなのは」の続編。
JANIS/ivory のヒットゲーム「とらいあんぐるハート」から生まれた。
変身魔法少女ものだが、今期いちばん出来が良いかも。
ヒロイン役の田村ゆかりの声が少し甘すぎる感もあるが、今後に期待。
秋のアニメ新番組が出揃ったところで、少し感想など。

・はっぴいセブン
トライネットのイベントは「ラムネ」を見て、この「はっぴいセブン」はスルーパスしたのだが、放映が始まってみると案外と良く出来ている。
和風変身少女戦隊といったお話しだが、作画は丁寧で1話から2話までの導入もスムーズ。
あかほりさとる(赤堀悟)がプロデュースしている点が、なんとなく敬遠させていたのであるが、なんとなく「外道隊」の匂いも漂う。
くまちゃん(佐久間紅美)の九鬼友也は黒幕?役なのだが、さすがに芸の幅の広いくまちゃん、いい感じでこなしています。
もっとドスの効いた声も出るはずですが、キャラの雰囲気からして淡々とクールな感じが合っていると感じます。

・ラムネ
ねこねこソフト原作ゲームのTVアニメ化作品です。
関東地区の木曜深夜は恐ろしくアニメ放映がダブっていますので、ようやく土曜深夜のtvkで1話を見ました。
ヒロイン七海(CV:後藤邑子)は正統派ぽんこつキャラクターをこなしていますが、作画の微妙な「はずし」が気になります。
トライネットのイベントの試写の際に某福山ファンらしき婦女子から指摘されていますが、七海の視線が白痴的な表情に見えるのがいけません。
やることはぽんこつでも、頭はぽんこつではないので。
「野望」も一般視聴者にはわからないでしょう、ねこねこファンの内輪ウケに終わりそう。
あまり期待せず、ゆるゆる~っと見るのが良いでしょう。

・銀盤カレイドスコープ
第1話オープニング、短っ!しかもシルエット。間に合わなかったか。
第2話はオープニングありました.
ヒロインの一流フィギュアスケーターに男の幽霊が憑依。
原画は鈴平ひろだが、ちょっと可愛い出来ではない。西又と組まないとダメか?
男コーチがベルばら風で(w
朗読劇だと思って、川澄綾子の声を堪能するのが正解かも。
2週連続で後藤邑子さんのイベントに参加したりして、イベント慣れしていない身には疲れた9月でした。
しかし10月は最大の攻略イベント「WPC EXPO」で佐久間紅美さんが待っていますので、頑張らなくてはいけません<----気負いすぎ

その前に、仕事関係でもイベント開催が2件あるので身が持つのでしょうか...

9月に訪れていただいた方のキーワードは「ゲームショー」や「後藤邑子」とか、ねこねこの関連が多かったようです。
しかし「コスプレ監禁」でおいでいただいた方には興味を抱かずにおれません^^;

「もっと仕事に集中しろ」との声なき声を聞き流しながら、10月も頑張ります、ハイ....

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。