アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カオスな前回とは打って変わって真面目な、ちょっと良いお話。
でも不謹慎ながら、あの混沌こそ持ち味だった気もして少し惜しい。
絵コンテは川口監督が切っているが、時間があれば演出までして欲しいところだった。
どうも各シーンの「間」がスムーズではない。
今話の制作は坂戸のスタジオアドのグロス。

シナリオ自体は定番の風邪をひいたいんくの看病のお話で、ツンデレなすみのお当番回かと思えるくらいにキャラ立ちしている。
そして幼い頃の回想シーン。風邪をひいたすみに、いんくからのお見舞いはネコのぬいぐるみ。今も寝るときに抱いてる奴ですね。
あからさまなアングルのカットは無く、すみが着替えさせるいんくの「くまさんパンツ」くらいだが、それも微笑ましい感じに描いていて、全体的にもおとなしい。

大人しすぎて物足りなさを感じるのも変だけれど、出来としては悪くない。
AB両パートのアイキャッチが最も素晴らしかったかも。
そして最大の謎、瑠璃子さんは10年くらい前と変わっていないこと。
アドリブなのかもしれないが、スミを叱る「うみゅー、うぐぅ、あひゃー」の三段活用は瑠璃子さんならでは。
澪ちゃんもムダに活躍、ガンダムネタ?
ダンディと警官、麗美と里奈のサブキャラもいつも通りの絡みで登場。

最後はシリアス気味にシナリオを本線に向け、終盤への伏線。
楽屋でありすのマネージャーが謎の魔法少女に倒され、事件発生。
何か用事を思い出し出かけたあーくんと、後をつけるかーくんの描写が動機不足な感じの演出だが、たどり着いた公園になーくん登場。
「ありすを助けてあげて」「時(刻?)が動き出した」魔法王国の危機に魔法少女結集か?

最後のオチは風邪をうつされたすみ。
今回の例文は3つ。
「ゲームをするサラリーマンにとって、レベルマックスと金マックスのコードは必須である」
「食欲がなくても、行くとついおでん缶を買ってしまう」
「DVDソフトの表面についてる初回特典などというシールを捨てられない」

もえたん キャラクターミニアルバム&オリジナルサウンドトラック (Amazon)
もえたん オリジナルドラマCD (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。